2018年09月18日

平和記念公園のデジタルストーリーテリングについて 2

こんにちは!!
ブログ担当の戸田です。

もう夏も終わりですかね。
最近朝や夜が肌寒く感じます。

さて今回は2巡目となるラジオ収録の模様をお届けしていきたいと思います。


出演メンバーはこちら
MC.  橋本  
出演. 角藤  安平  戸田  
の4名です。


今回のラジオでは3年生前期に作成した
デジタルストーリーテリング(通称.DST)
について話しました。

今回のDSTは、フィールドワークで訪れた平和記念公園をテーマに作りました。

まずは
橋本くんのDST
「復興の証」
なぜ平和記念公園は広島の街の近くに存在するのか?という疑問に焦点をあて、つくりあげたDSTでした。


角藤くんの、DSTは
「身近な平和」
足音というところに注目してつくりあげたDSTでした。その中で平和記念公園は懐かしいと思う僕の場所だというものでした。


安平さんのDSTは
「賑やかであって欲しい場所」
爆心地は意外と賑やかだった
投下前も賑やかだったと分かった
ずっと賑やかであってほしいというものでした。

最後に戸田のDSTは「平和の感じ方」
平和と一言で言っても平和という言葉から連想するものは人それぞれで、逆に平和を連想するものも人それぞれだということに着目して作りました。


同じ場所をテーマにしてもそれぞれまったく別の視点からの作品となりました。
音声だけになりますがラジオで是非聴いてみてください!

また次回、他のゼミメンバーのDSTも紹介していくのでお楽しみに!!



放送日は9月18日(火)15〜16時
再放送は9月20日(木)15〜16時
その次の放送日は10月16日(火)です!

3612B42B-67C7-4AA2-AD55-510FF9898A6B.jpeg


posted by 土屋ゼミ at 04:00| Comment(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。