2016年06月19日

「Bridge! Media 311 女川取材ツアー」についての報告 その2

皆さんこんにちは。ブログ担当の上野です。

6月のOpen Sound Communityでは、前回に引き続き
「Bridge! Media 311 女川取材ツアー」についての報告をしていきます。

今回の報告者は、土屋ゼミ4年生の花川さんと2年生の大濱洋志君です。
IMG_0872.jpg
二人は女川向学館へ取材に行きました。
実際に現地で見たり取材をしたりして学んだこと、感じたことをラジオで話しています。

番組内では、二人のデジタルストーリーテリングを紹介しています。
以下のURLから見ることができますので是非ご覧ください。
ご意見、ご感想等もお待ちしております。

花川由梨奈「被災地と未災地」
https://youtu.be/UjnNtZhpELI

大濱洋志「なんにもない」
https://youtu.be/9IUWqRSxLzY


今回番組で流した曲は、以下の通りです。
1.やさしさで溢れるように/JUJU
2.次の時代へ/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

今月の放送は、
6月21日、23日の15:00〜16:00です。
お楽しみに!




posted by 土屋ゼミ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

「Bridge! Media 311 女川取材ツアー」についての報告 その1

皆さんこんにちは。ブログ担当の上野です。

今年の2月13日〜15日に、宮城県牡鹿郡女川町にて「Bridge! Media 311 女川取材ツアー」が行われ、広島経済大学からは6人の学生が参加しました。
「Bridge! Media 311 女川取材ツアー」では、県外の大学生が東日本大震災の被災地である女川町を訪れ、取材を通じて被災地の現状を知り震災と復興について学んできました。

5月、6月、7月のOpen Sound Communityでは、
女川取材ツアーに参加した学生による報告会をしていく予定です。

今回は、5月分について紹介します。
20160331_104652.jpg5月のパーソナリティーは、上野、保原君、メディアビジネス学科4年の松内雄基君です。
今回は保原君と松内君に女川取材ツアーの報告をしていただきます。

番組内では、女川取材ツアーの中で制作したデジタルストーリーテリングを紹介しています。
以下のURLからも見ることができますので是非ご覧ください。
ご意見、ご感想等もお待ちしております。

保原祥也「タイルの想い」
https://youtu.be/TAryzHMuKdE

松内雄基「笑顔あふれる町女川」
https://youtu.be/qnzjrGP0tjM


今回番組で流した曲は、以下の通りです。
1.電車の窓から/back number
2.仲間/ケツメイシ

今月の放送は、
5月17日、19日の15:00〜16:00です。
お楽しみに!

posted by 土屋ゼミ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

レポート報告 その3

皆さんこんにちは。ブログ担当の上野です。
今回は、Open Sound Community 4月分の収録の様子をお届けします。
IMG_0655.jpg
4月のパーソナリティーは、上野、松永君、保原君です。

4年生になったということで、オープニングでは今までの大学生活について振り返っています。
1年生の時に印象に残ったことは入学式という話になり、
「緊張した」「ちょっと背伸びした」など当時の気持ちを思い出しながら話していました。
ちなみに、入学式の時保原君の隣に座っていたのは、同じゼミの○○君だったとか……。


大学生活を振り返った後は、今回の企画へ。
前回、前々回に引き続きゼミで制作したレポートの報告をしていきます。
レポート報告は、今回が最終回です。

最初は上野のレポート報告から。
タイトルは「二次元コンテンツの新しいビジネスについて」です。
近年、アニメや漫画、ゲームの「舞台化」が急増しており、そのきっかけの一つとして「2.5次元ミュージカル」というものがあります。「2.5次元ミュージカル」とは二次元で描かれた漫画、アニメ、ゲームの世界を舞台コンテンツとしてショー化したものの総称であり、国内だけでなく海外から見に来る人もいます。
二次元の世界を舞台で演じる「2.5次元ミュージカル」の魅力とは……?


続いては、松永君のレポート報告。
タイトルは「ソーシャルゲームについて」です。
ソーシャルゲームが好きな松永君は友人が無料ゲームで課金をした話を聞き、なぜ無料なのに課金をするのか、ソーシャルゲームに夢中になってしまう理由を調べレポートにしました。
ソーシャルゲームにはゲームの特徴や演出方法、個人のプレイスタイルに合わせるなど、プレイヤーが課金をしたくなるように様々な工夫を凝らしています。
そして、松永君が最近「新しい!」と感じたソーシャルゲームの課金方法とは……?


最後は、保原君のレポート報告。
タイトルは「今後のテレビCM(仮)」です。(制作途中のため仮タイトルとなっています。)
大学でとある企業のCM制作のイベントに参加したことがきっかけでCMに興味を持ち、レポートでもテーマに取り上げました。
保原君は、レポート制作をする中で「2015年一番記憶に残っているテレビCMとその理由」について学生にアンケートを取り、現段階での集計結果も報告してくれました。一番多かったCMは……?


今回番組で流した曲は、以下の通りです。
1.Keep Tryin'/宇多田ヒカル
2.love the world/Perfume
3.Rain/YUI


今月の放送は、
4月19日(火)、4月21日(木)の15:00〜16:00です。
お楽しみに!

posted by 土屋ゼミ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

レポート報告 その2

皆さんこんにちは。ブログ担当の上野です。

3月に入り、就職活動が本格的にスタートしました。
広島経済大学では、3月9日から15日までの5日間学内合同企業説明会が行われています。
参加企業は300社以上で、過去最大とのこと。すでに三日目まで終了しましたが、連日多くの学生が参加し、真剣な表情で各企業ブースを訪問していました。


さて、ここからはOpen Sound Community 3月分の収録の様子をお届けします。

3月のパーソナリティーは、花川さん、福田さん、中田さんの3人です。
IMG_0651.jpg
今回で10回目となるゼミラジオですが、女子だけでパーソナリティーをするのは初めてだったりします。


今回の企画は、前回に引き続きレポート報告です。
後期のゼミで制作したレポートについて、一人ひとり報告していきます。


最初は、福田さんのレポート報告から。
タイトルは、「嵐が人気を得た理由」です。
ジャニーズの中でも嵐は多くのテレビ番組に出演しています。ジャニーズが好きな福田さんは、
なぜ嵐が人気でテレビに出るようになったのかを知りたいと思い、レポートで調べてまとめました。

嵐が人気を得た理由を、福田さんは3つ挙げています。
一つは、「嵐の仲の良さが伝わってくる」から。
番組内で「ツアー先で一緒にお風呂に入った」「旅行に行くとお土産を買ってくる」などのちょっとしたエピソードを話してくれることがあります。このような話はファンにとっても嬉しく、普段も嵐はとても仲が良いということがわかります。

残り二つの理由は一体何でしょうか。答えはラジオで!


続いて中田さんのレポート報告へ。
タイトルは、「なぜライブはなくならないのか」です。
音楽業界ではCDが売れないと言われている一方で、ライブは成長を続けています。ライブはなぜなくならないのか、主に嵐のライブをメインに調べています。

昨年の9月に、宮城県で嵐の復興ライブが行われました。4日間で20万8000人を動員し、約93億円もの経済効果がでています。ライブのチケット代だけでなく交通機関や宿泊施設など様々なところでお金が動いており、地域にも大きな影響を与えました。このように、ライブを行うことで大きな経済効果を見込めることが、なくならない理由の一つであると中田さんは考えています。


最後は花川さん。
レポートのタイトルは、「読者モデルがファッションビジネスに与える影響」です。
なぜファッションがビジネスとして売り出せているのかについて疑問を持ち、読者モデルの観点から調べまとめています。

近年、多くの読者モデルが企業とコラボして商品をつくり、メディアでも取り上げられています。手ごろな価格で買える、身につけることでモデルに近づけることから、読者モデルは身近な存在へと変化してきています。また、SNSの影響も大きく、外国のトップモデルが一つの投稿をするだけでかなりの価値がつけられるとか。一体どのくらいの価値がつくのでしょうか……?


今回番組で流した曲は、以下の通りです。
1. ラブとピース!/いきものがかり
2. A・RA・SHI/嵐
3. Up&Live/HAN-KUN


今月の放送は、
3月15日(火)、3月17日(木)の15:00〜16:00です。
お楽しみに!
posted by 土屋ゼミ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

レポート報告会 その1

みなさんこんにちは。ブログ担当の上野です。
今回は、Open Sound Community 2月分の収録の様子をお届けします。
パーソナリティーは上野、砂田君、木原君、近藤さんの4人です。
IMG_0645.jpg
今回の企画は、「レポート報告」です。
後期のゼミで制作したレポートについて一人ひとり報告していきます。

最初に報告をしてくれたのは砂田君。
レポートのタイトルは、「動画共有サイトにおける広告」です。
数ある広告の中でも動画共有サイトにおける広告に着目し、どういう広告が良いのか、どのような広告モデルがあるのかについてYouTubeを例に取り上げまとめています。

動画共有サイトの広告には、動画再生前に入る「インストリーム広告」というものがあり、スキップができるものとできないものがあります。
砂田君は、レポート制作で実際にインストリーム広告を20回再生し、スキップ可能な広告と不可能な広告どちらが多いのかを検証したそうです。
果たして結果は……?


続いて、木原君のレポート報告へ。
タイトルは、「メディア業界と東京オリンピック」です。
これまで行われたオリンピックの歴史とそれに伴うメディアの変化について調べ、2020年に東京オリンピックが開かれるにあたっての日本の経済や環境、仕事などについて考察しています。

オリンピックとメディアの歴史は1964年の東京オリンピックと白黒テレビから始まり、札幌オリンピック開催時はカラーテレビの普及、1998年の長野オリンピックではインターネット活用が進んできました。そして現在はインターネットが主流となり、2020年の東京オリンピックではスマートフォンやタブレットの活用が中心になってくるのではないかと木原君は考えています。
4年後にはインターネットの通信回線やサービスなどが今とかなり変わっているかもしれませんね。


最後に報告してくれるのは、近藤さん。
タイトルは、「ハンドボールの現状」です。
以前のラジオでも話していましたが、近藤さんは一年生の時からハンドボールのマネージャーをしています。マネージャーとして活動していくうちに、「走る・投げる・飛ぶ」の3要素があるハンドボールの魅力に惹かれていったそうです。その一方で他のスポーツに比べて認知度が低いことに疑問を持ち、今回のレポートでは、ハンドボールはどのようにしてメディアでPRしているのかについて様々な観点から調べていきました。

USTREAM(ユーストリーム)での中継やSNSの利用、参加型ハンドボールなど様々な活動が行われていますが、他のスポーツに比べるとまだまだ知名度は低いようです。今後ハンドボールの魅力を広めるためにはどうすればよいのか。近藤さんが出した結論とは……?


今回番組で流した曲は、以下の通りです。
1.Touch/NEWS
2.気づいたら片思い/乃木坂46

今月の放送は、
2月16日(火)、2月18日(木)の15:00〜16:00です。
お楽しみに!



posted by 土屋ゼミ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3年生の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする